フェイク

画像




大切に抱きしめてた宝物が
ある日、急に偽物と明かされても


みえみえのエイプリルフールネタに引っかかったふりして
場を盛り上げてくれる(主に俺の心情だけど)

そんな、時雨さんは優しい人です


私の優しくないとうみょうです。


では、新企画
今週のサッカー妄話

「今週の浦和レッズ」

です。


今週はホームで川崎と対戦
結果は1-1でした。

だがしかし、阿部、槙野を退場で欠くという苦しい展開の中
何とか逃げ切ったという試合でした。

レッドカードのぜひなどというダサいことをあまりしゃべりたくないので一言だけ
阿部はしょうがないが槙野のは1枚目、2枚目とも若干?

まあ、追い込まれた浦和の責任は大きいので仕方ないけどね

試合の感想を一言で言えばミシャのサッカーと相性の悪い相手によく乗り切ったが代償が大きすぎたってところ

ミシャのサッカーは数年前広島のサッカーを取り上げたときに書いたように

センターバックが攻撃に参加する
かなり攻撃的なサッカー

要約するとリスクを背負って点を取りに行くサッカー

このリスクの部分が相手の強みとかち合ってしまったのだ。

浦和のフォーメーションは3-4-2-1
攻撃時にはボランチが下がり4-3-2-1となるが守備時はセンターバック3枚がペナルティーエリアをしっかりと抑え込む

ザックの3-4-3との違いは相手のサイド攻撃に対し、センターバックの左右が守備をどこまで担うか
ザックは完全なサイドバックとして守備を機能させ

ミシャはフリー以外はサイドハーフが主に守備を担当させる

ザックの3-4-3よりもう一歩、攻撃的なのである


これは攻撃時により多くの人数を割くことができる反面、サイドへの速い攻撃はある程度捨てて
中をセンターバック3枚でしっかり占めるという、かなり危うい方法論でもある。

これがミシャサッカーの抱える最大のリスクであり
これを抱えてでも前に行くという最大の魅力でもある。

リスクのないサッカーなんてないしね


もちろん、この弱点はミシャは5年もJにいいるで知れわたっている。

現にコンサドーレもサイドへの深い位置へボールを運ぼうと意識していたが
この時は、平川、梅﨑の両ウイングバックが良く対応していた。

これが川崎戦でなぜできなかったのか

それはスピードである
川崎は伝統的に速攻を得意としている
さらに、いわゆるカウンターチームのような手数の少ない、確率の低い攻撃だけでなく
コンビネーションの中からも早い攻撃が繰り出せる。

その秘訣は空いたスペースを上手に使えることにある
速攻つぶしても、中盤に下げて中村がスペース射抜いたりとかね

浦和の空いたサイドの深い位置を付くのになんとも都合のいいストロングポイントなのである。
当然、ここを防ごうとすればほかが空き、また埋めようとすればほかが空き、振り回せれ体力を消耗してしまう。

振り回された結果の2人退場である。

ただ逆に、これだけ相性の悪い相手に引き分けで済んだ理由は
やはり、チーム全体、個の守備力の強さだった

一人一人が最後はやらせていなかった
これが引き分けられた要因であったろう

退場はしても阿部を責める気にはならんしね
槙野君はキャラの問題?www


もちろん、広島時代よりもボールが持てる分、ポゼッションを重要視して
リスクをマネージメントするというミシャサッカーの浦和バージョンが機能してきていることも要因として上げられるだろうが、まあ、まだまだだね


キーマンである阿部と槙野を欠き、アウェーで未勝利の鹿島と対戦する次節はまた、違った面が見えてしまいそうだが、はたして…


今日はここまで

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック