無添加、とうみょうレシピ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 退屈は人を殺し

<<   作成日時 : 2013/10/08 18:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


酒は俺を殺す

とうみょうです

30分アニメじゃないけど「てさぐれ!部活もの」がおもしろかったのでちょこっと触れてみる
前作「直球表題ロボットアニメ」はノーチェックだったんだけど
なかなk興味深い

全編CGモデリングでMMDとかも使うそうなので
見ためがどうこういう作品ではない

ただプレスコ制作で先に声優に声を入れさせているため
すばらしくテンポが良く
また、唐突に放り込まれるアドリブパートはもはやアニラジ以外の何物でもないんだけど
他にないこの作品ならではの面白みがあり楽しめた

まだまだ実験の域は出ていないが
今後期待した表現だった

では、今日の分


「世界でいちばん強くなりたい!」

画像


ここ数年、短時間アニメでのアニメ化をニコニコ中心にメディアミックスして知名度を上げていたコミックアーススター初の30分アニメ化に挑戦する今作

アイドルがプロレスに挑戦して戦っていくというお色気エロスポ魂もの

女子プロレス事態はその昔、良くアニメやゲームで取り扱われていたけど
「史上最大の悶絶女子プロレスアニメ」がキャッチフレーズらしい

制作はエロアクション御用達のアームス

評価は3/10

もう…みないかなぁ…

もはやだいたい仕事に困りそうにないほど人気の女性声優を盛大に喘がせる
これがやりたかっただけだろうと開始10分で気が付かせてくれる安心設計は良いね

不快に感じる人は早く逃げてねーって
とうみょうは駄目な人でしたwww

プロレスで股広げられるシーンとかはなかなか気合が入っていたが
それ以外にプロレスとして良い描写があるわけではなく
かといってアイドルのダンスシーンが目を引くわけでもない

その上、今時珍しい1話にして作画が息切れして崩れるというがっかり仕様は
もうどうにもならない

エロ絵と人気声優のエロ声で売りますという割り切り方は
まあ、ある意味すがすがしい

たしかに俺も10代の頃にこれを見てしまったら
どういう評価を下すかわからないけどさ

つまり、そういう人向けよな

私もネットラジオを良く聞く声優さんが参加していたので視聴前はどんな感想を覚えるんだろうとそわそわしていたが
こう、いたたまれない。ただただ、いたたまれなかった。お仕事、お疲れ様ですって感じだった。
普段、他のアニメならそんなこと思わないのにね

いやー、久しぶりにつらい30分間だったよ




「メガネブ!」

画像


自主制作アニメ出身の22歳女性が初監督を務めるオリジナルアニメ作品

眼鏡男子をそろえてバカやるギャグアニメ…なんだろうな
制作は期待しちゃダメ、スタジオディーン


評価…2/10

まあ、見ないかな、もう

純粋な女性向けではないようなので視聴してみたけど
まあ、基本は女性向けだった

絵柄はやや古く、もしかしたら監督の手癖が抜け切れないデザインかもしれない
内容もこういってはなんだけど監督の面白いと思ったものをそのまま出してしまった感じ

自主制作アニメをお金を使って豪華にしてしまった感じか

一応、男子がバカやってる感じを楽しむという
コンセプトは伝わってきたが

完全にターゲット外のとうみょうにまで届くほど洗練された笑いは少なく
つらいものがあった

創作者は自分が面白いと思ったものを他者や社会とすり合わせてより届くものとしていくことが常に求められる
この作品にはそういう部分がどうも独りよがりなまま形になっちゃった印象が拭えないんだよな

まあ、競合の少ない女性向けアニメとしてみれば
案外「奇作」として受け入れられてしまうんかもしれないけどね
ターゲット外のとうみょうにはそれすらわからん

少なくとも、バカみたいにある新作アニメの中でとうみょうが
これを見続ける理由は見当たらなかった。

レイアウトや配色など結構ヴィジュアルは目を引くところもある
若くしてチャンスをつかんだのだから山本監督にはぜひ、経験を積んで良い仕事につなげてほしい




「ワルキューレ ロマンツェ」

画像


プリンセスラバーと同じエロゲーメーカーの第2弾作品のアニメ化
馬上槍試合「ジョスト」を題材にした学園ラブストーリー

最近では年に2・3作程度しかみないややレアになりつつあるエロゲー原作
時代を感じさせるねwww

キャラデザはプリンセスラバー同様こもりけい
制作はISなどで知られるエイトビット

エイトビットは今期このほかにIS2と東京レイヴンズと3作も被ってるのが
心配やねー


評価は4/10

後、1、2話くらいまでに魅力を伝えていただけないと…

3作競合で心配していたが
作画面でそこまで崩れることはなかった

が、同時に魅力的なところも見いだせず
困惑した30分だった

ヴィジュアル面では主題であるジョストシーンが重要になり
まあ、なかなか力も入ってはいるのだが

そのルールも駆け引きもわからず
ただ、槍を馬の上から突きあって

ギャラリーが「すごい」とつぶやくだけでは何がすごいのかよくわからなかった

せっかく労力は割いてそうなので
どうすごいのかを今後視聴者に伝える演出が欲しい

ストーリーとしては主人公の感情の起伏が少ない上にわかりづらく
エロゲー媒体ならそう問題はないんだろうけど

短時間で表現するアニメではどうも作品のテンポを悪くしてしまっているように感じられた

エロゲー特有のノリは鼻につくものの
とうみょうは今までの人生でならされてしまっているので

バカなヒロインもパンツも胸も
まあ、良いのだけど

もう少し、その他の部分を整えてほしい
やや惜しい1話だった

後、アクションもっとはいるんですよね?
期待してます

OEの冒頭馬が飛ぶシーンでなぜかとうみょうは爆笑してしまった
シュールだよね?シュールだよね?




「ぎんぎつね」

画像


ウルトラジャンプに連載中の青年コミックが原作
神道系ほのぼの日常青春ものアニメなのかな

神使を務める狐を見ることができる神社の娘を主人公に
基本、狐の銀太朗とイチャイチャしながら
クラスの友人とのあれこれや同じ力をもった男の子と出会ってどうこうみたいな話かな


評価は4/10

1,2話様子見で

えーと既視感は強いけどまあ、なんというか
良い金元寿子アニメのそれも最終回だったwww

琴浦さんといいこういうアニメと彼女の声は親和性がたかいのかな?

ヴィジュアル面で特質すべきことは今のところないけど
それなりのレベルで整っているようには思われた

この辺りはヒットはないけど粒ぞろいな
ディオメディア制作って感じ

また、ストーリー全体としては
主人公のまだおさなさを残す少女の葛藤と
銀太朗というツンデレおっさんの擦れ違いや距離感、触れ合いなど
この作品で提示すべき主題が理解できるよい1話であった

が、正直この登場人物たちになんの思入れもない状態で
延々とこういっちゃなんだけどくだらない喧嘩を見せられるのはややつらく
テンポも悪いことから、主人公と銀太郎に対してやきもきしてしまったよ

お前ら、ちゃんと話をしろとwww

クラスメイトとのやりとりなどややトーンが暗く
あんまりそっちの方に行ってほしくはないので不安だが

累計100万部の人気漫画なのだし
ここからどんどん面白くなっていってほしい



「機巧少女は傷つかない」

機巧少女と書いてマシンドールと読ませる
さすがともいうべきライトノベル原作

中世ヨーロッパ風の町を舞台にした人外の相棒との交流をメインにしたラノベらしい学園能力バトルもの
ってところだろうか

絵柄が俺修羅ににてるなとおもったら
原作のイラストが同じ人なのね

評価…6/10

視聴継続
最後まで行けそうだぜ

良く動く1話だった

冒頭の電車を止めるシーンや
敵と戦うシーンなど動くだけではなくて
しっかりとアクションの筋立てがヴィジュアルでできてい好印象

ストーリーのテンポも良く
気持ちよく見終われた1話だった

全体的にやや白みがかった画面は気になるものの
制作がそこまでなラルケなわりには十分充実した作画だった

まあ、話の本筋はライトノベルなのでそう
ものすごいものを期待するわけではないが

ストーリー見せ方の演出やバトル描写など土台となるものが
しっかりしてると

安心して楽しめるので
やってることが同じでも満足度が違ってくるよなぁ

夜々ちゃんブヒーとかいってられる余裕がでるよwww

滑り出しは他作品よりも良いわけだから
何とかかこのまま、佳作が取れるようないいアニメになっていってほしい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
退屈は人を殺し 無添加、とうみょうレシピ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる