死んだように生きる

死なない程度に生きる

とうみょうです

では昨日の続きを

画像


「バディコンプレックス」

サンライズ制作のオリジナルロボットアニメ

ロボットアニメの老舗の新作
ヴァルヴレイヴはロボットは恰好よかったけど内容は
大変なやらかしぶりでしたが

今作ははたして


評価は5/10
数話は付き合う

ロボットもの導入としては及第点
主人公がどういう人間で、どうしてロボットに乗ることになったのか
動機が無理なく消化されていてよかった

そこがクリアーされているので
伏線や謎があっても割とすんなり物語に乗っかれた

アクションも動いていたし
キャラ絵も整っていた

サンライズの中でもアクセルワールドやホライゾン、ラブライブを制作していたスタジオらしいので
安心感があるね

ただ、最後にホモホモしい感じの発言がやや気になった

そこは変にひねらないで
スタンダードでいいだろう…

そういう意味でもまだ作品の趣旨まで話が届いていないが
まずまずな立ち上がりではないだろうか

ややロボットのデザインはダサめだが
動いて良い戦闘してくれれば
ついていく




画像


「ノブナガ・ザ・フール」

マクロスやアクエリオンの河森正治が企画・原作のオリジナルアニメ

西洋の偉人が住む星と日本の偉人が住む星をまたいだ
ロボットアクションものかな
恋愛もありで

制作はAKB0048で河森さんが使ったサテライト
そこそこのヒットは出すが打率が悪いんだよな…
この会社

監督がキスダムとバスカッシュの佐藤栄一

う~ん

舞台も並行してやってるみたい

評価は6/10
バカっぽさが悪乗りしなければそこそこ最後まで楽しめそう

なかなか勢いとインパクトがあった
戦国ものとロボットの組み合わせも良い

作画面は文句なし
話のテンポも良く、入りやすかった

まあ、バカ作品だろうから
細かい話の荒さは気にしてもしょうがないので気にしないでおく
(女の子がほいほいあんな変質者みたいな男についていくなよとか)

河森作品らしいわくわくする1話だった
この人のかかわる作品はほんと風呂敷広げるのうまいよね

高確率でたたむのしくじるけど…

派手で、外連味のある良い1話だった

たぶん、バカなノリで中盤までは盛り上がるんだろうな
そこからが勝負

女性向けっぽい配慮もあるけど
あまりそっちに偏らないでいただけると
とうみょうとしては助かるな…

それにつけても
まさかの同じクールで信長もの被りのもう一つの方ですが
さらに、偉人ものとしても被るとは…




画像


「そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-」

エロゲーメーカー、ニトロプラスのイメージキャラクターである、すーぱーそに子をフューチャー(古い)したオリジナルアニメ

音楽好きで、バンドをやってて、芸能活動もしている
かわいい女子大生の日常を淡々と描くアニメなのかな

過度な期待はしてはいけないのかな?

制作はそこそこ安定WHITE FOX

シリーズ構成に黒田洋介

評価は4/10
3話ぐらいまでは付き合うつもり

ふくよかな女性は好きですし
ほんわかした性格の女の子もきらいではないですが

ただそれだけ見せられると
こう、たまにイラッとしてしまうよね…

ぶってんじゃねーとかwww

それは冗談としても
作画もあまり良いとは言えないし
テンポも悪め

そに子がかわいければいいじゃん
って人向けなんだろうね

靖国問題はどうでもいいけど

特別、褒めるところのない
1話だった

今後、バンド活動が始まるようだし
話の流れがもっと動き始めればもう少し楽しめるのかな

ガルパンの華さんの声優さんに仕事があってよかったwww



画像


「とある飛空士への恋歌」

ライトノベル原作
ファンタジー世界での空戦学園恋愛もの

原作はすでに終わっているようなので
存分に1クールで表現できそう

制作は深夜アニメでは打率の悪いトムス
まあ、自力はあるはず

評価は5/10
見どころである空戦が始まるまでは見ます

独特の世界観が魅力的で
惹きつけるものがある

作画も整っていて
雲の中を自転車を二人乗りで走ってくシーンなどは
雰囲気も良い

が、1話はどうにも設定や場面を消化することに終始していて
どうにも落ち着かない印象

場面場面は良い出来なのに
時間の積み重ねがないので

薄っぺらくなってしまうし
キャラの行動理由が良くわかんなくなってしまっている

恋愛ものなのに
さすがにあの一コマで恋に落ちちゃうヒロインは
ちょろすぎるだろうとwww

いや、実はそもそも事前に好意をもっているとかなのかもしれないけど…

尺以外は大作感があるだけに
実にもったいない1話だった

戦いが始まれば
おもしろくなるかも

学園戦記もの部分が勝負かね




画像


「ディーふらぐ!」

漫画原作

ゲーム部を舞台とした笑い強めのラブコメディなのかな

制作は当たり外れがあるが作画は安定ブレインズ・ベース

シリーズ構成は上江洲誠
岸誠二と組んでないの久しぶりなきがするなこの人

コメディものは期待できそう

評価は6/10
もう少し笑いがかみ合って来れば最後までいけそう

特に高レベルな作画が必要ない作風だが
女の子がちゃんとかわいく見えるので良し

正直、属性ネタとかはやや滑り気味だったが
後半にかけてはまったときはかなり楽しめた

今後、人気キャラクターも出てくるようだし
さらにラブコメ要素も増えてくるようなので

そこは期待

笑いなので
つぼを外されまくると
あれだけど

1話に1回くらいはまってくれれば
最後まで付き合えるかな

声優も若手じゃなくてキャリアを重ねた人が多いのもいいね
笑いは芝居が重要だもんね




画像


「未確認で進行形」

萌え四コマ原作

許嫁と小姑が突然引っ越してくる系
ラブコメディ

ここ3クール続いた
ゆゆ式、きんモザ、のんのんという中毒枠に入れるか
いや、男いるから無理かな…

制作はここの所、地味に良い仕事をしている動画工房

評価は6/10
可もなく不可もなく
ゆえに見続けていけそう

ましろたんがかわいい
以上

内容は、まあ良くある萌え4コマ
スタンダード
王道といえば王道だが
テンプレート思いえるくらい
ザ・萌え4コマ

どこかで見たことありそうなキャラ・展開・主人公の悩み・展開…

爆発的なヒットは望めないが
安心してみてはいけるかな
ほのぼのと

作画は無駄なほど良く
場面によってはぬるぬる動く

ましろたんあたりの演出は本当に力が入っている
OPもすげー動いてた

まさかの作画アニメだったとは…

ましろたん役の吉田有里はすげー声してんな
これがデビュー作らしいけどブレイクするかもな

ニコ生みたら割と年はいってそうだったが…

メイン3人はみんなまだ売れていない人だけど
場数は踏んでるからか
演技は安定していてよかった

萌え4コマを楽しめる人なら間違いないアニメかな

OP最初のカットエロい




画像


「魔法戦争」

ライトノベル原作

中二的異能バトルものアニメ
多分、恋愛もあるよ

制作は作画は高め安定
マッドハウス

評価は、2/10
たぶん、もう見ないかな

異世界から少女が現れる
倒れる
キスする
主人公が能力に目覚めるという

怒涛のテンプレ展開は唖然としてしまった
これギャグだよな?笑わせようとしてるよな?

バトルの組み立てもお粗末

大きな刃物を竹刀で受けるシーン
これもギャグですよね?

キャラクターも凡庸(原作のイラストだと女の子がみんなエロいが)
ヒロインは情緒不安定でテンポを阻害しているし
こいつポンコツすぎるだろwww

まあ、作画は動いてはいるんだけど設定の時点で
いろいろ終わっているので

それすら上滑りしている感じ

どうしたものか

原作者自身もアニメ化に際して
最初、もっといい作品があるからと断ったらしいが

うん、その通りだと思う
脚本とかそういうレベルじゃないよ、もう

さすがにアニメ化された作品だろうから
今後、面白くなるのだろうが

こんな導入されてはちょっとついていけないよ





EDだけがかっこいいのがむしろクソ腹が立つwww


こんなところかな

魔法戦争はおいといて

今期ははずれは少ないが大当たりもない感じだな…

今日はここまで

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック