時間がない

画像


あー忙し、忙し

とうみょうです

何に忙しいかといえば
アニメ見るのに忙しいというまったく残念な
理由

今期は個人的に当たりが多すぎて
どれもこれも切れない…

1週間近く前にだいたい1話見切っているのに
感想なかなか書けなかったよ

まあ、うれしい悲鳴ですが

というわけでいつものやります

ルールは今まで同様
俺が続きを見たいかを10段階で判定
2期もの、あきらかな女性向けはなしということで

ではいきます

画像


「テラフォーマーズ」

このマンガがすごいで男性1位を獲得した人気コミックのアニメ化
火星で進化したゴキブリと戦うSFバトルアクションもの

監督はテクノライズやシグルイをやってた浜崎博嗣か
青年コミック得意そうだね

制作は新しめのスタジオ、LIDENFILMS
ほとんどグロスがメインだったみたいなので
人気作のアニメ化は勝負かけてるね

原作は未読

評価 6/10

視聴継続

グロシーンの修正はまあ、シュールではあるが
グロ得意ではないとうみょう的にはまあ、致し方ないかな

話がテンポよく進むのと
アクションも良く動く
セリフもハッタリ効いてて

グロありの割にはさっぱりしていて
視聴感が良い

まだ、肝心のゴキブリとの戦闘シーンまで見ていないのであれだが
割といい出来だと思う

原作既読だと印象違うかもだけど

個人的には十分楽しめた
が大人気漫画のアニメ化にしてはやや地味めかな…

今期は他が強すぎるからな

もう一歩は今後の展開で埋めてほしい





画像


「デンキ街の本屋さん」

こちらも漫画原作
秋葉原にあるとらのあな風の量販店うまのほねで働く男女によるお仕事ものラブコメディ
カップリングイチャイチャ要素が強いのかな

制作は古参のシンエイ動画
最近だととなりの関くんとかか

そこまで動かす感じではないけど
省エネなれど演出でしっかり見せてくる印象

評価は6/10

視聴継続

今期は萌え四コマ系などの
あきらかな日常系があんまりないので
いいポジションどりできそう

かわいらしい絵柄の再現度が高く
笑いの部分も爆発的なネタはないものの
悪くはない

いわゆるワーキングやサーバントサービスのような
仕事あるある+カップリングされたキャラ同士のイチャイチャ+コメディ
というバランスのとれた成功方程式が成立しているので
大外れはないだろう

後はキャラのかわいさはじけるエピソードさえそろえば…




画像


「甘城ブリリアントパーク」

フルメタルパニックのあ賀東招二の新作ライトノベルが原作
ファンタジー要素ありのドタバタお仕事ものコメディ
潰れかけの遊園地を短期間に立て直すらしい

制作は京都アニメーション

現在制作会社名で期待値があがる唯一の会社だね(シャフトは不安感が強いので)

評価は5/10

視聴継続

相変わらず良く動くし
キャラクターはかわいい
今回はエロありなので眼福は眼福

ただ、お仕事ものとしての要素がもう一歩

客をすぐ殴るキャストとか違和感ありすぎ
もう少し真剣に仕事に向き合う感じが欲しいな
曲がりなりにも経営立て直しっていうビジネス的な要素を作品の面白みに加えているわけだから

ギャグにするにしても
上手にやらないと成功した時に説得力が得られない気がする

社会人になるとそういうところに目が行ってしまっていやねwww

作品として成立しないのは理解できるが
ボン太くんの声が金田朋子じゃないのも残念といえば残念

いや、話が進まなくなるから当然なんだが…
見た目だけでモッフルっていう別のキャラだし

いろいろ惜しい感じがする
京都アニメーションはそろそろ脚本を外から連れてきた方がいいんじゃないかな

これは原作者脚本だから外部だけどさ…
もっといろいろな人をさ




画像


「Gのレコンギスタ」

冨野由悠季監督による15年ぶりとなるガンダムのテレビシリーズ
舞台は宇宙世紀の後の衰退した地球

制作はとうぜんサンライズ

評価は7/10

最後まで付き合う所存

うん、これが冨野作品だよ…懐かしい味わい

15年前の∀の時点ですらやや古臭く感じられたが
いやー現在になってもあんまり変わらない古臭さ

この人は本当にアップデートをあんまりしないな
そこがいいんだけど

設定を設定として語らず独特の会話の中からSF的背景を垣間見せていく手法は
さすがの一言

物語の展開がベルトコンベアにのって一直線に進んでいくのではなく
登場人物それぞれの思惑がいろいろ絡み合ってなんとなく自体が進行してく感じは本当に素晴らしい

作画面でやや厳しい瞬間があるが(同時期にビルドファイターズあるしね)
他のアニメにない要素をたくさんもった作品なので何とか踏ん張ってほしい

よくわからない所はぬるぬる動くんだけどね…

テーマ性は当然強いし
続きが楽しみである

EDのセンスはさすが御大www






画像


「曇天に笑う」

漫画原作 
明治維新後を舞台に琵琶湖にある日本最大の監獄へと橋渡しをしている神社の3兄弟が主人公の時代劇アクションなんだろうか

見てから気が付いたけどこれ女性向けかな

制作はここの所いい仕事してる
動画工房

評価は4/10

ちょっともう見れないかも
悪くはないけど今期の中では…

キャラクターが既視感強いものの(声優も売れ線だしね)
良く動くし、雰囲気も悪くはない

ややキャラクターデザインが原作の耽美さをだせずにいるようには感じか

話としては定番ギャグが寒かったり
雑魚敵が案外強くてしつこかったり
兄弟愛がややうざかったり

まあ、女性向けなので俺に合わないだけかもしれんが
ただ、あんまりかっこよく感じないんだよな…

これ女性にも人気出ないんじゃ…

普段なら3話ぐらいまでは付き合っても良い内容だけど
今期の豊作具合半端ないので

ここまでかな



今日はこの辺で10月中には全部書き上げたいな
見終わってはいるんですけどね…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック