赤いやつです

 
最近、新車に乗り換えた

とうみょうです。

主人公機乗り換え気分

では続きを

画像


「魔弾の王と戦姫」

ライトノベル原作
FM文庫J5大タイトルアニメ化企画最後の一作

ファンタジー戦記ものかな

戦姫はヴァナディースと読む

監督はナデシコやモーレツ宇宙海賊などSFっぽいイメージが強い佐藤竜雄

制作はサテライト
モーレツ宇宙海賊もここだね

評価は6/10

視聴継続

うん、いい感じのファンタジーアクションものだね
魔法やドラゴンなどの設定はありつつも主人公が弓使いですごい腕をしているものの
そこまで規格外の力を示さず(魔弾の王だから今後はわからんが)しっかり地に足をついたキャラクターとして
戦争に参加している点は面白い

薄着の美少女が戦うライトノベルにしては死に対する重みも割と効かせてるし
見ごたえがある

話のテンポも良い

やや、ヒロイン陣の魅力が地味目で
インパクトに欠けるが

話が面白ければその辺は補えるかな

逃げる的の足を狙って弓を打つシーンなど
アクションでも目を惹く個所もあった

今後、大規模戦闘とか
魔法(必殺技的な)シーンなどをどう見せ
どうバランスを取っていくのか(昨期のさすおに的になるのはよろしくないから)が課題かな

初期の期待値が高くなかったので
拾い物をした気分

良くまとまった1話だった





画像


「失われた未来を求めて」

今期なぜか多いエロゲー原作のうちの一本

表面上は部活内の恋愛ものだけど
高校時代幼馴染の女の子の事故死をなかったことにしようとする
SFループもの?なのかな

制作は昨期はろこどるで検討した萌えに強いfeel.
監督ははたらく魔王さまの細田直人

評価 5/10

視聴継続

作画などチープな作りではあるがツボは抑えてる

制作の過程の都合なのかもしれないが
CGデザイン的なキャラデザな割に手書きっぽい作風はなんなんだろう

CGをぬるぬる動かしてるわけではないし
手書きのわりにキャラクターやその動きに硬さがあるし…

そこまで悪いわけではないがやや違和感

ストーリーやキャラクターはエロゲーらしいというか緩い部活ものというかのテンプレ臭のする感じだが
テンポが良く見ていてつらいということはない

幼馴染の死から一気にSF路線が匂わされてきたけど
後はどう、進めてどうまとめるか

これは原作があるので結末はまとまっているのだから
どう演出して見せていくかによって

案外、良いアニメになるのかな

無駄に?壮大な感じのOPもわりと好み




画像


「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」

いわずと知れたエロゲーまさかの再テレビアニメ化(ZEROの時点でやるとは思ったが)
2期とは言い難いので一応取り上げる

制作は8年以上前(なん…だと…)スタジオディーンにアニメ化された今作品だが
前日譚たるFate/ZEROを制作したufotableにより再びアニメ化された

ちなみに監督はZEROから変更されている

0話1話は一時間枠で放送された

評価は8/10

はいはい最後まで付き合うよ

ヴィジュアルの圧倒的クオリティ
動きも素晴らしくアクションシーンは垂涎もの

物語の起点をしっかり尺を使って
凛側、士郎側しっかりと描いているので

登場人物の心の動き
それによる物語の展開にも無理を感じず
入っていけた

10年単位でやっているので声優もキャラをしっかり把握しているので
ブレがなく安定している

話の内容自体は前作などで知っているので
とっつきやすいの当然だが

設定もしっかり提示できてると思う

高すぎる期待を軽々越えてくる手腕に感服した

後はクオリィティの維持
ZEROも中盤厳しい回があったので

今回はなんとか持ちこたえて
良きシリーズとして欲しい



画像


「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」

サンライズによる美少女ロボアクションオリジナルアニメ

監督は芦野芳晴となっているがクリエイティブプロデューサーとして
ガンダムSEEDの福田己津央が深く関わっている

つか、サンライズはこんな大作級を同じ期に3本も入れて大丈夫なんだろうか…

音楽が志方あきこなのも個人的には気になる点だ

インタビューによると
水樹奈々など有名声優の代表作となるべくして企画されたとかなんとか
声優はむやみやたらに豪華

評価は5/10

視聴は継続してみる

いやーいいゲス主人公だわwww
前期のサバゲ部といいなにゲスな美少女がブームなのかな?
安易な共感をここまで拒む主人公はすごいな

作画的なクオリティは高い
絵柄はやや古臭いものの悪くはない
ロボは完全にSEEDだな

うん、力の入った良いアニメだと思うよ
だけど決して視聴者の見たいものを提示しているとは思えない

視聴者の欲を満たすだけがアニメ作品ではないとは思う
でもここまで力の(お金の)入ったものでこれだけ受けよりもやりたいことを優先できるのはすごい

三振かホームランかみたいな

あまりエロが機能していないのと
アマゾネスよりでかわいげが薄い美少女集団なのが
割と致命的な気もするが

先の見えない振り回し系のストーリー展開は悪くない
いきなり処●喪失とかインパクトの強いイベントも話題を呼ぶだろう

流行を排除した分
後はしっかりとお話でおもしろみを提示できれば
案外、良い結果となるかもしれないな

正直、毎話失笑しながら見てるけどね(楽しんではいるよ)
3話で主人公のキャラがようやく固まったのでここからだね

イベントはすごい人気になりそうだ…




画像


「ワールドトリガー」

週刊少年ジャンプで連載中のコミックが原作
少年少女によるSF超能力アニメなのかな

制作はまさかの東映

放送枠はテレ朝の日曜朝枠

評価3/10

もういいかな

絵柄は原作準拠なのかもしれないが
雑味が多く、作画もイマイチ

ストーリーは設定語りも多く退屈

主人公の表情の止め絵で数秒引っ張る謎演出は
テンポを悪くしている

動きはするが違和感が強い

人気漫画なので今後面白くなる可能性はあるが
これだけ良い作品の多い今期の中では

掴みに欠ける1話だった

設定もゆるゆるに感じるしね
かなりの被害出ているのに町に住み続け、麻痺しているとか
せめてEVAみたいなうらぶれた雰囲気がないと説得力がない

仮にもジャンプで連載できるアニメをこのクオリティでアニメ化する意義は
感じられないな




今日はここまで

明日も書けるといいな…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック